面持の不潔には大きく分けて2種類の不潔があります

ひとつはファンデーションや日焼け除け、アイシャドウなどメイクによる油性の不潔だ。これらの成分には、肌に吸着し汗で落ちないようにするために油性の成分が配合されている結果、通常の洗顔料では落ちません。上述油性の不潔を浮き上がらせる使い道を持つのがクレンジング剤だ。

もうひとつは皮脂や汗、皮脂膜、古めかしい角質など身体から分泌された不潔と、ホコリや花粉などの外部から受けた不潔。これらは身体を洗う感じように、洗顔料で落とすことが可能です。

つまり油分を含んだメイクを浮き上がらせる使い道を持つクレンジング剤と、それ以外の不潔や、浮き上がったメイクの残余を流す洗顔料のW使いが必要なのです。

睡眠やミール、適度な運動も必要

漢方では、肌は器官の状勢を反映した鏡だと言われています。センシティブ肌や肌荒れ、プツプツ、かゆみなどの身なりがある際、全体的に免疫が低くなっておる状態だとされます。

外側からのケアだけでなく、バランスのとれた食生活ができているか(タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素が充分取り入れできているか)、十分な睡眠がとれているかを気をつけましょう。

どんどん適度な運動でストレスを取り消ししたり、汗をかいて新陳代謝を促すなど、内側からのケアも真の美肌製造には欠かせないことなのです。出典