皮膚科では、次のようなニキビ診断が行われます

ケミカルピーリング

酸性の薬液を塗布して古くさい角質を消し、毛穴の停滞を消すためニキビができ辛く行う。また、ターンオーバーにより肌の修復を促され、ニキビ後の赤みやシミを軽減します。医師が濃度、酸性都度、塗布日にちを調整するので、アトピーエレメントがいる肌や乾燥肌でも手当できます。

レーザー診断

炭酸瓦斯レーザーで落とし穴をあけて、濃いニキビの皮脂や膿、壊死機構を取り除きます。傷跡は2~3か月赤くなります。

フラクショナルレーザー診断はニキビ跡の凹凸を滑らかにする効果があります。ちっちゃな地点状にレーザーで気力凝固地点や孔を空け、皮膚が修復することでくぼみを目立たなくしていきます。本日は浮腫みと赤味覚が、約ウィークはざらざらしたちっちゃなかさぶたが出来ます。

注射

赤ニキビなど苦しい炎症を制するために局所件ステロイドを注射することがあります。紫ニキビなど炎症が硬いしこったニキビの炎症を1日で鎮静化し、ニキビ痕になることを予防します。窪みの激しいニキビ跡にはヒアルロン酸注射が有効です。投入されたヒアルロン酸の周囲に真新しいコラーゲン線維が修復し、浅くなります。僅少しか投入できない結果、数回の繰り返し診断がニードです。

事ぽう圧出

ニキビにつまって掛かる皮脂や膿をアクネプッシャーという備品を使って取り除きます。白ニキビや黄ニキビ、紫ニキビに有効な対症療法です。

イオン前置き

ビタミンCやレチノールなどの有効成分を浸透させるための手当です。電気の力で、外用の40~50ダブルの普及効果があります。ケミカルピーリング後に行うことで効果が高まります。

ホルモン診断

月経前心配症としてニキビが出ている形式、低キャパピルを処方箋することがあります。たかの友梨のエステファクトがおすすめ