毛穴の周りの皮膚が太くなり、ふさがった毛穴に皮脂や角質がつまった事ぽう(コメド)ができます

毛穴が閉じた白っぽいニキビを「白ニキビ」、皮脂が押し上げられて毛穴が変わりニュアンスに触れた部分が黒く酸化した具合を「黒ニキビ」と言います。

事ぽうインサイドはアクネ黴菌の発達制約がそろっているので、過剰に増大し、消毒のために好まん中球(白血球)が集まってきて炎症を起こします。炎症によって赤くはれた「赤ニキビ」、炎症が進んで好まん中球の死骸です膿(うみ)がたまった状態になる「イエローニキビ」、炎症が長引いて皮膚の深部に膿がたまった手提げ袋がとれる「紫ニキビ」があります。

10代のニキビは皮脂の超過により、額や鼻周りに行える一過性のものが多いのに対し、20代以降のアダルトニキビは妨害からくりの下降による乾燥、誤ったスキンケアやメイク、ホルモンバランスの乱れなど複数の意味が絡み合ってできます。アダルトニキビは頬やあご周りにできることが多いのが形です。
ニキビ跡を残さないために重要な特性診断

細菌感染を起こして膿ができた具合を放置しておくと、ニキビ跡が残ることがあります。抗菌剤の外用や内服、ビタミン剤などを使った診断がニードです。

肌のターンオーバーが正常に行われていれば、シミによるニキビ跡を防ぐことができます。そこで、肌の妨害からくりを含めた肌本人の役目を正常に戻すことが大切なのです。

毛穴につまった皮脂の排泄を促すために、ふさわしい洗浄を行うことが診断の基本となります。

規則正しい洗浄法

顔アウトラインにお湯をなじませます。皮脂はお湯に溶け易いという性質があります。
低攻撃のニキビ件石けんを敢然と泡立て、泡で囲むように流しましょう。そんなにこすってはいけません。
ぬるま湯で石けんが残らないように、手厚く丁寧にすすぎます。
吸水性の良い手拭いで握るように水分をふき取ります。
洗浄後は保湿を敢然と行いましょう。

洗浄は1日2回行います。過剰な洗浄は肌の妨害からくりを壊し、乾燥の原因となるので気をつけてください。
参照ページ